最近の人気記事

最近RTされた人気記事

18res/h 【米国】 3Dプリンターで作れる拳銃、CADファイルをネットで公開



2013/05/07(火) 12:26:42.30
    3Dプリンターで部品を「印刷」してプラスチック製の拳銃を組み立てられる
    無料ダウンロード用のファイルがネット上で公開された。
    試射も成功しており、銃規制推進派の人々からは懸念の声があがっている。

    このファイルは米テキサス大学の法学生コディ・ウィルソンさん(25)が
    CAD(コンピューター利用設計システム)を用いて作成したもので、単発式の
    小型拳銃「リベレーター(Liberator)」を製作することができる。
    3Dプリンターを利用した銃器のオープンソース開発を推進する米テキサス州の
    非営利団体「ディフェンス・ディストリビューテッド」のウェブサイトで、
    6日からダウンロードが可能となった。

    リベレーターの説明では、米国の銃規制法が定めるとおり金属探知機に
    反応するよう、用心金(トリガー・ガード)前部に3センチほどの金属片を
    エポキシ樹脂で接着するよう指示している。
    これと撃針(ファイアリング・ピン)を除き、パーツは全てプラスチック製だ。

    米経済誌フォーブスは、テキサス州オースティン郊外で先週行われた
    試射の様子をウェブサイトに掲載。
    引き金に黄色の紐がつながれたリベレーターは、見た目は白と青のおもちゃの
    ピストルのようだ。

    フォーブスは「実用可能」との判断を下しているが、
    弾薬を装填(そうてん)した2度目の試射では銃が暴発したという。

    リベレーターのファイルは当面の間、ネットで公開される。
    リベレーターが、ほぼ全ての部品を3D印刷技術で製作した世界発の完全な銃器で
    あることは明らかだ。

    だが開発者のウィルソンさんは達成感を感じていない。「やるべき仕事は、まだ
    たくさんある」

    ソースは
    http://www.afpbb.com/article/environment-science-it/it/2942617/10704388
    ■Defense Distributed http://defdist.org/
     Liberator http://defcad.org/liberator/
     外観は
     http://defcad.org/wp-content/uploads/2013/05/liberator_2.jpg
     分解状態
     http://defcad.org/wp-content/uploads/2013/05/liberator_1.png






>>元スレで続きを読む

[先頭に戻る]

関連記事
人気記事RSS
速報RSS
新着RSS
twitter RSS

アクセスランキング
e-mail:kazu.yasutake @ gmail.com