最近の人気記事

最近RTされた人気記事

37res/h 【慰安婦問題】 日本領事館前の少女像が門から離れた場所に設置された理由〜日の丸が見える位置に設置した「神の一手」



2017/01/03(火) 00:29:48.53
    http://img.yonhapnews.co.kr/photo/yna/YH/2017/01/02/PYH2017010222050005100_P2.jpg
    ▲日本領事館後門(後聞)近隣に立った少女像。右側30メートル余りの後に領事館後門が見える。
    http://img.yonhapnews.co.kr/photo/yna/YH/2016/12/30/PYH2016123012690005101_P2.jpg
    ▲少女像越しに見える日の丸

    (釜山=聯合ニュース)キム・ソンホ記者=紆余曲折の末、釜山(プサン)日本領事館前に建設された少女像はなぜ後門ではなく近隣30メートルの塀の前に設置されたのだろうか?

    先月28日、市民団体が奇襲的に設置して強制撤去後、二日で再設置されるなどジェットコースターのように緊迫した中、建設された少女像の位置がこれまで1人デモが行われた日本領事館後門ではないのはなぜだろうか。

    2015年末、韓日政府の慰安婦合意に反発して結成された'未来世代がたてる平和の少女像推進委員会(以下推進委)'は過去1年間、日本領事館前門と後門で350日以上、1人デモをしてきた。

    日本政府の真の謝罪を要求し、10億円とソウル日本大使館前の少女像を対等交換しようとする試みに他の少女像建設で対抗するという趣旨であった。少女像建設場所は当然、日本領事館正門や後門になると見られた。実際、推進委も当初、日本領事館正門より歩道の幅が広くて設置が容易な後門を少女像設置位置として有力に検討した。

    しかし、後門前に少女像を設置すれば市民の通行に邪魔になり、後門から出入りする領事館車両に少女像が場合によっては毀損される可能性を憂慮した。

    推進委は数回にわたる論議の末、日本領事館後門から30メートルほど離れた領事館塀の前を少女像位置に最終指定した。領事館の塀前は都市鉄道エレベーターで一面が詰まっていて少女像毀損の憂慮も少なく通行に不便を与えないばかりか、塀の向こう側に領事館掲揚台の日の丸が見え象徴性もあると判断した。結果的に推進委の一歩はやい日本領事館塀の前少女像設置は'神の一手'になった。
    (中略:設置経緯)

    キム・ミジン釜山私たち民族一つ運営委員長は2日「領事館の塀の前を少女像の最適位置と見て秘密裏に設置を推進した。少女像を再設置できるように助けてくれた市民にもう一度感謝を伝える」と話した。

    日本領事館前少女像建設について「地方自治体が判断する事項」だとした外交部が少女像設置後、国際慣行を理由に事実上少女像移転の立場を明らかにし、日本政府も撤去を要求して少女像をめぐる論議は当分続くものと見られる。

    ソース:聯合ニュース(韓国語) 日章旗見えるそちらに…日領事館少女像'神の一枚'
    http://www.yonhapnews.co.kr/international/2017/01/02/0602000000AKR20170102063900051.HTML






>>元スレで続きを読む>>(sc)

[先頭に戻る]

関連記事
人気記事RSS
速報RSS
新着RSS
twitter RSS

アクセスランキング
e-mail:kazu.yasutake @ gmail.com