最近の人気記事

最近RTされた人気記事

633res/h 【芸能】 ピコ太郎の商標権を横取りした元弁理士の上田育弘「私の『PPAP』を勝手に使ってるエイベックスに警告書を送りました」



2017/01/30(月) 12:14:07.84
    ●上田育弘「私のPPAPを勝手に使っているエイベックスに警告書を送りました」←いやいやいやいや

    ピコ太郎のPPAPは誰のものなのか。
    元弁理士の上田育弘氏が先に商標出願をしていた件について、その後、上田育弘氏がエイベックスに警告書を送ったことが分かった。

    ■これだけネットで叩かれてもあくまで本人は強気の姿勢を崩さない

    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/01/uedaikuhiro-ppap-1-600x316.png
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/01/uedaikuhiro-ppap-2-600x340.png

    PPAPの今後については「価格交渉をしてお互いが合致したところで契約する」と、あくまでお金目的であることを隠さない。
    そもそも商標権の先取りもビジネスとしてやっているのだという。
    正確にはまだ商標権を持っていないことについては上田育弘氏は「問題ない」と説明する。

    「(交渉は商標権を得る前でも後でも)どちらでもええ。そのために出願してるわけ。
    だからエイベックスは私の商標を無視できないはずなんですよ。もう出願日で私が勝ってますから。
    もし私を無視して使用すれば後日、損害賠償請求の対象になる」

    特許庁が注意喚起を出したことについては「それ私だと思う」と即答。
    そして独自の理論を展開し特許庁に文句を言う。

    「特許庁の立場というのはユーザーに対してできるだけたくさん出願しろと言うべき立場なんですね。
    だから多出願をガタガタ言うべきではないと思う」

    以上の理屈から上田育弘氏が出した結論は、出願のスピードで勝った自分が絶対的に正しいというもの。
    だからメディアにも堂々と顔を出してインタビューに応じられるのだ。

    ■「エイベックスと当社であれば今回、当社の勝ちなんですよ

    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/01/uedaikuhiro-ppap-4-600x338.png
    http://netgeek.biz/wp-content/uploads/2017/01/uedaikuhiro-ppap-3-600x338.jpg

    無数に商標出願を出す手法については、毎日、新聞やネットをチェックして流行りの新しい言葉を探していると説明する。

    新聞をたくさん見て、そこから出願できるものがないか。毎日ありますよ。昨日は50件前後じゃなかったかな~

    出願料は半年間の審査の猶予があるため、とりあえず払わない方針。

    今は払ってません。これから払うかどうか考えます。最低で1件1万2千円。

    この猶予期間の半年の間に企業と交渉し、商標権を売る営業をかけるというわけだ。
    PPAPについて警告書を送ったエイベックスがまさに今営業をかけている相手といえよう。

    申請した商標権の大半が出願却下となっているが、これは企業との交渉に失敗し、諦めたものだと思われる。
    中には成功し、ビジネスとして成り立っているものもあるのだろう。







>>元スレで続きを読む>>(sc)

[先頭に戻る]

関連記事
人気記事RSS
速報RSS
新着RSS
twitter RSS

アクセスランキング
e-mail:kazu.yasutake @ gmail.com