最近の人気記事

最近RTされた人気記事

17res/h 【鉄道】 ホームドア、鉄道会社が対応に苦慮 扉位置異なり、停車時間延長も



2017/01/09(月) 12:28:05.89
     全国の私鉄で最長の路線網を持つ近鉄には、京都、大阪両市交通局と阪神電鉄が乗り入れる。扉位置のパターンは
    京都線と橿原(かしはら)線で23通り、
    奈良線は26通りに上る。そのすべてに対応できるホームドアとなると、開口部が最大36メートルも必要となり、現実的に不可能だ。
     最近、車両の扉にあわせてドアの開閉位置が調節できる新型も開発されているが、
    もし故障すると全く乗降できなくなる恐れがある」(近鉄幹部)と導入には慎重だ。


     東京メトロの1日利用者10万人超の駅でホームドアが設置されていないのは5路線50駅。
    乗り入れる私鉄やJRと扉の位置を統一するメドが立ち、22年度までに38駅で設置できる見通しだ。
    だが、東西線の9駅と半蔵門線の3駅では詳しい計画が立案できていない
    設置を阻んでいるのは、停車時間が延び、首都圏の輸送能力が低下しかねない事情だ。
    車両とホームドア双方の扉の開閉で安全確認に時間がかかれば、運行本数の減少につながってしまう。
    同社はホームドアが設置された場合、1駅あたり5~10秒、東西線全体で3分ほど所要時間が増えると見込む。

     国土交通省によると、東西線の混雑率(15年度)は199%でJR総武線と並んで全国同率1位。
    ラッシュ時にダイヤを緩和すれば、駅での乗客滞留など別の危険を招く。メ
    トロの担当者は「より効率的なダイヤなどあらゆる方策を考えたい」と話している。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170109-00000008-mai-soci




>>元スレで続きを読む>>(sc)

[先頭に戻る]

関連記事
人気記事RSS
速報RSS
新着RSS
twitter RSS

アクセスランキング
e-mail:kazu.yasutake @ gmail.com